CONCEPTコンセプト

“ココロとカラダにおもてなし”
毎日、心から大好きなものだけを取り入れたい。

INNER HOSPITALITYのコンセプトは、“ココロとカラダにおもてなし”です。
食事は健康や美容に寄与するだけでなく、精神的な癒しや人格形成に繋がります。
現代の食文化は、食品添加物や保存料などが多く含まれた弁当、加工食品が店頭に数多く出回っており、知らず知らずのうちに、自分の体や自律神経に負担をかけています。

ココロとカラダは、とても素直です。
私自身も、そうした添加物、精製された白砂糖、小麦などを摂ると、すぐに腸や肌の調子が悪くなり、何かしらのアレルギー反応が出てしまいます。また、集中力の低下や、すぐにイライラする傾向があり、仕事のパフォーマンスを落としてしまうことを発見しました。
そのため、私は市販される加工食品は、生活においてほとんど摂らなくなりました。
あまりにも、食品添加物が多いからです。

「ココロとカラダが求める食べ物が、欲しい!」
そんな想いでスタートさせたのがINNER HOSPITALITYです。

「人の気持ちを察して優しくすること」、「愛情を込めること」
それと同じように、人生のパートナーである自分のココロとカラダにも、おもてなしをしてみませんか?
きっとお返しに、健康的な肌、サラサラな髪、理想の体型、日々のモチベーションアップといった「変化」で応えてくれるはずです。

このサイト上では、美容と健康にポジティブで、心が癒される商品を集めています。
代表の私自身が1次・2次原材料についても調べて、食材の選定や配分の構成など、商品の企画・開発から携わる商品がほとんどです。そして、自分の舌で何度も試食を重ねて味を確かめて、納得した商品しか掲載をしていません。そのため、食材に徹底的に拘ったオリジナルブランド(PB商品)として、自信のあるものをお届けしています。

また、「こんな商品が新しく欲しい!でも市場にはない!」というニーズに応えるべく、皆様の協力のもと、クラウドファンディングで資金を集め、INNER HOSPITALITY が主導で商品をつくるプロジェクトも始動しました。
今後もココロとカラダに優しくできる商品づくりを目指していきますので、応援を宜しくお願い致します。

INNER HOSPITALITY 主宰
井上 嘉文